• ホーム
  • フラワーエッセンスの使い方

フラワーエッセンスの使い方

 

フラワーエッセンスの使い方には、さまざまな使い方があります、気にいった方法で取り入れてみてください。  

 

①フラワーエッセンスボトルから直接1~2滴ほど垂らす。

 

②ハーブティーや水、お茶やジュースなどの飲みものに1~4滴程入れて飲用する。

 

③直接1~2滴肌につける。 こめかみや手首、首の後ろや口びるなど、痛みを感じる場所などでもOKです。

 

④お風呂に5~6滴入れて入浴する。

 

⑤化粧水やクリームなどに1~2滴ほど混ぜて使ってみる。

 

⑥水に2滴程入れて、植物などにも与えることができます。

 

*厳密な使用量は決められておらず、多くとりすぎても害になることはありませんが、最小限の量でも充分です。

 

 

フラワーエッセンスを摂る回数

 

フラワーエッセンスは、通常4、5滴を1日4~5回程度が目安となっていますが、自身の感覚に従って、摂る回数は調節していくようにして下さい。

内面の反応がキツく辛い時などは、リピートする回数を減らしたり、

使用をストップしてその後の様子を見るようにしたり、

緊急事態の際には落ち着くまで、リピートを多くするなど調整するようにして下さい。

 

<ドーセージボトルの作り方>

 

トリートメントボトル(ドーセージボトルとも呼ばれる)とは、

市販のストックボトルから取り分けてつくることのできるミックスボトルのことです。

 

まず空の遮光瓶20ml~30mlを用意し、

ミネラルウォーターを注ぎ、

保存料にブランデー(または植物グリセリン)を3分の1か2分の1程入れて

 

自身の状態に合わせて選んだフラワーエッセンスを 、2滴ずつ入れて、

(最大6、7種類ぐらいまでをブレンドできます )

 

マイエッセンスをつくり、

 

冷暗所で保管し、

市販されているストックボトルと同じように使用することができます。

 

トリートメントボトルをつくる方が

頻繁に飲用したり使用する場合は経済的でもあります。

 

ただし、使用期限は2~3、4週間程が目安となります 。

暑い時期はなるべく早くに使用することが望ましいです 。

 

*保管する場合は、気温の高い時期には、冷蔵庫での保管もよいようです 。

 

使い終わって空になった遮光瓶は、

スポイドやゴムを取り外し水でよく洗い流し、

瓶は清潔な鍋で20分ほど煮沸して、乾燥させれば、繰り返し使用できます 。

ご注意

特定商取引法及びお知らせをよくお読みになり同意のうえ、お申し込み下さい。

配送について

発送は日本国内の住所のみに限らせていただきます。価格は個人輸入代行手数料を含んだものになっております。配送料は全国一律650円です。

お問い合わせフォーム

英国営業日カレンダー

2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
が定休日です。

フラワーエッセンスの本